男性が悩む便秘の原因「ストレスや血流悪化、栄養状態乱れ便の蓄積になる」

スポンサーリンク

ストレスとは切り離せない現代、特に社会の第一線で働く世代の男性は多くのストレスを背負って生活していると言っても過言ではないでしょう。

仕事に対する努力、将来に対する不安、家族を支えていく責任、様々なストレスの中で自分の体のケアが疎かになっている男性も多くみられます。

そんな精神的なストレスで心身ともに疲れている人は、腸が過敏な状態になっている人も多くいます。

このため便秘や下痢で悩んでいる人も。

貴方の腸は大丈夫ですか。

ストレス溜まり大腸が収縮し便が出にくくなりストレス性便秘

精神的なストレスは様々な体の不調を生み出します。

心のストレスが原因で体に様々な症状が出ることを総称して「心身症」と呼びます。

実は心身症の患者は増加しており、誰もが掛かりうる疾患で、多くの男性が経験したことがあるようです。

精神的ストレスによって頭痛がする、胃潰瘍になっていた、喘息が出た、不整脈がある、食欲がない、体がだるい、下痢や便秘を繰り返すなどの症状があれば、精神的ストレス・心身症の一部と言えるでしょう。

近年、現代の男性に多いストレス性便秘。

かなり深刻に悩んでいる男性も多く見られます。

これはまさにストレスによるもの。

ストレスが溜まり大腸の動きが悪くなって、腸が収縮する蠕動運動が活発に行われないため、便が出にくくなっていることが原因です。

便秘の直接的な原因は腸の働きによります。

排泄を促す腸の働きが活発でなければ、便が腸内に留まってしまうのです。

眠りが浅いと腸をコントロールしている副交感神経に乱れが起こり便秘

腸の蠕動運動が活発になることで、正常な排泄が行われるのですが、ストレスによって便秘になる人は蠕動運動が弱いことが伺えます。

生活習慣や食生活の乱れによることもありますが、他にも「睡眠不足、眠りが浅い」ことなどがあげられます。

ストレスによって睡眠障害を引き起こしている人は多く、厚生労働省の発表によると、日本の一般成人のうち約21パーセントが睡眠障害で悩んでいると言われます。

このような症状になると夜は眠りが浅く、日中に眠気やだるさがあり、そうなれば仕事中の集中力の低下や日常生活にも支障をきたし、最悪生活習慣病やうつ病にかかりやすくなると言われます。

腸の蠕動運動は夜間の睡眠時に活発になります。

十分な眠りが得られないということは、腸の正常な動きが妨げられているという事です。

これにより便が大腸に留まり便秘を引き起す原因を作り出しています。

このような睡眠障害で悩んでいる人は1500万人~2000万人と推計され、一種の国民病とも厚生労働省で危惧しています。

ファーストフードばかり食べていると過酸化脂質が腸内を悪化し便秘

食生活も便秘に大きな影響を及ぼしています。

中でも一般男性に好きだという人が多いファーストフード。

ファーストフードをよく利用する人は食物繊維が足りなくなって排泄が滞ってしまう傾向にあります。

さらに、ファーストフードばかり食べていると「過酸化脂質」が増えてしまいます。

過酸化脂質は不飽和結合を持ったコレステロールなどの脂質が酸素に反応して酸化したものをいいます。

過酸化脂肪が増えると体に様々な支障をきたすことになります。

過酸化脂質が腸内環境を悪化させて便秘になれば、腸内は有毒な物質が増えます。

深刻になれば、がんや動脈硬化、老化現象などを引き起こす最悪な事態にも発展します。

この過酸化脂質は自然には排出されにくいため、様々な病気の原因にもつながっています。

その原因も色々ありますが例えば1日1食、ファーストフードを食べているような栄養が偏った人は要注意です。

サイズ小さい靴を履き続けることで血流が悪く冷えが関係して硬便

また大腸が冷えていて便秘になる人も多くいます。

冷えになる原因は日常的に冷たい飲み物や食べものを摂取している人がなりやすいのですが、サイズの小さい靴を履き続ける人も便秘になりやすく、排便があっても「硬便」で悩んでいる人が多くいます。

サイズの小さい靴から便秘って、何だか無理やり紐付しているように思えますが、案外サイズの小さい靴を履いているという人多いのです。

靴のサイズは同じでもメーカーや品番によって大きさが違います。

そのため、いつもと同じつもりで買っても小さかったということもあります。

しかしせっかく買ったから勿体ないと、無理して履いていると、それが原因で血流が悪くなります。

これは女性が矯正下着で身体を締めつけていることと同じ状態。

足先から血流が悪くなります。

血流が悪くなると毛細血管まで温かい血液が行きわたらず、血管が収縮し冷え症になってしまいます。

勿体ないと思っていることが便秘の原因かもしれません。

男性の便秘状態をそのままにしない「多少の心構えで解消に変わる」

ストレスはやはり多くの病気を引き起こし、その中に病気として見過ごされる便秘があります。

しかし便秘が改善すれば、病気のもとも改善されるといえるでしょう。

そのためにはストレス緩和を行うこと。

例えば睡眠は一つのストレス緩和につながります。

睡眠は1日働いた脳と体をにしっかり休息を与えるために必要な行為です。

十分な睡眠が摂れていないと気力や集中力がなくなってしまいます。

ストレス緩和に有効的な睡眠も眠りが深くなるノンレム睡眠と眠りが浅い状態のレム睡眠が交互に繰り返されることが大事です。

ノンレム・レム睡眠は約1時間半ごとに交互に繰り返されており、約4~5回繰り返されます。

つまり約6時間~8時間眠ることが質の良い睡眠に有効的とされています。

肌や体内の臓器の修復に必要な成長ホルモンも入眠後3時間の間に多く分泌されますので、この時間に質の良い睡眠を摂ることも大切です。

寝る前は体がリラックスできる環境を作ってあげることも良いでしょう。

逆にスマホやパソコンを触ってそのまま就寝すると交感神経が活発になっていて、眠りの質を悪くしてしまいます。

【血液サラサラ・便秘解消】夕食に納豆に唐辛子を混ぜる

血流が良くなると便秘が解消することがわかってきました。

血流が良くなるとは血液がサラサラになることとも言えます。

血液をサラサラにして便秘解消を行いましょう。

それは簡単に食事で血液をサラサラにすることが出来ます。

その一つが納豆と唐辛子。

納豆にはナットウキナーゼという酵素が含まれており、血栓溶解作用があると言われています。

さらに唐辛子にはカプサイシンという成分が含まれていて、エネルギー代謝が活発になって脂肪分解が促進されます。

ダイエットや冷え症の改善効果があるのが唐辛子。

納豆に唐辛子を混ぜると血液サラサラになるというのは、このような効果があるからです。

血液をサラサラにして便秘を解消しましょう。

夕食に納豆と唐辛子を混ぜて食べるだけで、便秘の解消につながりそうです。

ストレスが増加する現代。

ストレスを抱える男性の多くは便秘や下痢を繰り返す過敏性腸症候群で悩んでいます。

ストレス性便秘の原因は眠りが浅い睡眠障害やファーストフードなどを多く摂ることでの過酸化脂質の増加、無理なサイズの靴を履いて血流の悪化などが挙げられます。

便秘は万病のもと。

これを解消するにはストレス緩和を心掛けることや食生活を改善することでしょう。

ストレスとは切り離せない現代男性。

それでも自分なりのストレス緩和を心掛けて、日頃からストレスフリーを心掛けるようにしましょう。

便秘は万病のもとですよ。