私たちの体は水分の割合が高く、成人だと体重の60%程度は水分と言われています。

しかも、普段の生活の中で尿や便をするので水分は排出されてしまいますし、汗をかくことによっても体内から水分は排出されます。

このうち尿で排出されるのが1リットル~1.5リットル程度。
そして、便に含まれている水分量は0.2リットル。

特に意識がなくても汗をかいた日は0.8リットル程度も体外に放出されます。

合計で2~2.5リットルの水分が毎日体内から失われているということになります。

「でもそれって当たり前じゃないの?」ッと思う人もいますが、排出量が多すぎることで、便秘になる恐れもあります。

生きるために必要な水分容量

約2リットルの水分が、毎日のように体内から排出されているために、私たちは毎日補わなければいけません。

「では毎日かかさず約2リットルの水分を吸収しなくては死んでい舞うのか?」
単純に考える人がいますが、必ずしも水分補給として2リットル以上の水を飲まなければいけないというわけではありません。

1日に必要な水分量の計算式

体から排出される水分と同じぐらいの量を私たちは生活で毎日摂取しなければいけません。

水分摂取というのは、ただ水を飲むことだけではなく、例えば食事の際にも味噌汁やスープ、ソースなどによって水分を摂取していますし、代謝の際には代謝水という水分が作られます。

食事から摂取できる水分は約1リットル程度、代謝水と呼ばれるものが1日0.2リットル程度あるので、合計1.2リットルは特に水分補給をしなくても摂取できます。

そして不足している0.8リットル~1.3リットル程度を水分補給として摂取すれば、1日に必要な水分を摂取することができます。

年齢別に分けた必要量から計算する方法

人間の体は体重の60%程度が水分なので、体が小さな子供と成人では、毎日排出される水分量が異なります。

そのため、当然のように必要な水分摂取量も変わってきますね。

幼児や子どものいる母親は、ついつい健康のことを考えて、1日に決められた水分を補給しなくてはいけないと考えると思います。

この気持は正しいことだと思います。
しかし毎日のように、成人なみに大量の水を飲ませていると、腹痛や軟便、水下痢の原因になる恐れがあります。

それから、腎臓に負担がかかって水毒病や水中毒などの病気にかかってしまうリスクも高くなります。

理想的な水分摂取量は、
・新生児
体重x140ml程度
・2歳児
体重x120ml程度
・10歳児
体重x80ml程度
・14歳児
体重x60ml程度
を目安にすると、体に負担をかけず、健康維持を保つことができます。

ただし、この量はあくまでも一般的な目安量。

たとえば、毎日のように汗をだくだくかくようなスポーツをしている子どもは多めの水分補給は必要です。

水分摂取量が足りないと便秘を引き起こす

体内の水分が不足すると喉が渇きます。
喉が渇いた時にはすでに体内はかなり乾燥状態が進んでいます。

体内が乾いているということは、つまり水分量が普段よりも少ないということになります。

これは内臓の一部にトラブルが起こりやすくなります。
その中でも腸内の水分が不足すると便秘が起こりやすくなります。

大腸小腸が水分吸収し硬便で排便困難

体内の水分量が不足すると、体は生命維持に必要な部位へ優先的に水分をおくります。

心臓や脳、その他の内臓機能へ水分が送られてしまうわけですが、その際には食べ物を食べた時に腸に入ってきた水分がどんどん腸壁から吸収されてしまい、腸内には消化吸収に必要な水分が残されていない状態となってしまうのです。

すると、腸内が乾燥してカサカサになりますし、腸で作られる便からも水分がどんどん失われてしまうため、肛門に向かって便が進みにくい状態となります。

その結果、排便できても便は硬くてコロコロしていたり、排便の際に肛門が切れて裂肛になってしまったり、また便がなかなか出せないトラブルが起こりやすくなってしまいます。

「多すぎず少なすぎずの水分量」

1日どのぐらいの水を飲めばよいのかという点については、その人の体重やライフスタイルなどによって異なりますが、少なすぎても便秘などのトラブルが起こりますし、かといって飲みすぎると水下痢など別のトラブルが起こりやすくなってしまいます。

多すぎず少なすぎずの水分量は、その人によって異なりますし、一人の人間でもその日の体調や生活習慣などによって異なります。

水分摂取は食事からでも自然に摂取している

テレビなどでモデルやセレブたちが「私は毎日2リットルの水を飲んでいます」と謳っていたりすると、自分もそのぐらいの水を飲んだほうが良いと思って喉が渇いていなくても毎日大量の水を飲む女性がたくさんいます。

しかし、そんなモデルやセレブ達と自分とでは食生活もライフスタイルも違うので、必ずしも自分にその量の水が必要というわけではありません。

特に日本人の食生活では、お味噌汁や酢の物、煮物など水分を多く含むものが食卓に並ぶので、食事から摂取できる水分量は欧米人と比べると多いと言われています。

体内の代謝水はどれくらい水分を作っている?

体内では、代謝の際に水分が作られています。

その量は個人差はありますが一般的には1日当たり200ml程度と言われています。

この量はどんな食生活をしていても人間が代謝をしていれば必ず生産される量なので、水分補給を意識していてもいなくても自然に取り入れることができる水分量です。

最終的に便秘解消に必要な水分量はどれくらい必要?

便秘で悩んでいる人は、もしかしたら体全体の水分量が不足気味なのかもしれません。

日本人の平均的な水分摂取量の目安は毎日800ml~1300ml程度と言われていますが、便秘気味の人はそれよりも少し多めの量を飲んだほうが良いでしょう。

不必要なぐらい過度な水分摂取をすると、軟便になったり水下痢のように便の状態が変わるので、自分で自覚することができます。

その日の体調や便の状態に合わせて水分量を調整するのが良いでしょう。

便秘に適した水分補給

便秘解消のために水分補給をする場合、液体なら何でもOKというわけではありません。

糖質が多いジュースや炭酸などは、腸内で悪玉菌が増えてしまうので、かえって便秘が悪化するリスクは高くなります。

また、アルコールには利尿作用があるので、水分補給をしているつもりでも体内にとってはプラスの効果は期待できません。

便秘解消にはどのような水分を飲めばよいのでしょうか?

摂取の場合「ナチュラルミネラルウォーター」と記載されたものを選ぶ

水分補給をする場合、お茶でも良いのですが理想的なのはミネラルウォーターです。

コンビニなどでも販売されているミネラルウォーターにはいろいろな種類がありますが、その中でもミネラル分がたっぷり含まれているナチュラルミネラルウォーターと記載されたものを選ぶと良いでしょう。

特に日本国内ブランドではなくヨーロッパ系ブランドを選ぶと、水が硬水でマグネシウムやカリウムなど便を柔らかくする作用を持つミネラル成分が豊富に含まれています。

便秘解消のための水分補給にはぜひおすすめです。

一口飲む量と1回に飲む量を意識する

水分補給をする際には、1回に大量に飲むのではなく、1回の量はチビチビと少な目にして、1日を通して頻繁に水を飲むことを意識すると良いでしょう。

少しずつ体内に水分を入れてあげれば腎臓に負担がかかることがなく、効率的に体内へ水分を行き渡らせやすくなります。

人間の体にはたくさんの水分が含まれていて、毎日尿や便、汗などによって水分を排出しています。

排出した分は食事や水分補給などで摂取する必要があり、代謝水や食事に含まれている水分などを考慮すると、成人で一日当たり800ml~1300ml程度の水分補給が必要となります。

汗をかいた時や便が硬い時には水分量を増やしたり、軟便になったら摂取量を減らすなど、便の状態を観察しながら毎日の水分摂取量を調節することができます。

体内の水分量は多すぎず少なすぎずが理想的ですね。