女性に多い便秘、悩めば悩むほどつらくなりますし、食物繊維をたくさん食べたり水をたっぷり飲んでいてもなかなか解消できないことはあるものです。

女性に多い便秘の原因には、女性ホルモンによって引き起こされていることがありますが、病院で薬を使って早期解決できることもあります。

そうした解決方法を知っていればずっと一人で我慢する必要がないと分かりますし、ホッと安心することによって便秘が解消されることもありますよ。

自律神経が女性に発症しやすい理由は?

思春期:女性ホルモン乱れ視床下部に影響し自律神経が発症

思春期には、卵胞ホルモンと黄体ホルモン、どちらの女性ホルモンも多く分泌されます。

このうち、排卵日から次の生理にかけて多く分泌される黄体ホルモンは、女性の体を妊娠しても良い状態に準備するために使われるホルモンで、食欲が旺盛になったり子宮内膜の状態を整えるなどの働きをしています。

しかしこのホルモン分泌による副作用によって、女性はニキビができやすくなったり精神的に不安定になりやすくなってしまいます。

思春期にはまだ女性ホルモンの分泌がリズム化されていないことがありますし、繊細な女性ホルモンはストレスや疲労などによって分泌量が低下するなどバランスを崩しやすいという特徴があります。

女性ホルモンがバランスを崩してしまうと、視床下部から自律神経にも影響を与えてしまい、それが消化機能の低下による便秘につながってしまいます。

更年期:卵巣の機能が低下しホルモンのバランスが崩れ

女性ホルモンが原因で起こる便秘は、女性ホルモンの分泌が活発になる思春期だけでなく、女性ホルモンの分泌が低下していく更年期にも起こりやすくなります。

人間誰でも年齢とともに老化していきますが、その中でも卵巣をはじめとする生殖機能は他の臓器と比べると早い時期に老化が始まるという特徴があります。

女性の平均的な閉経年齢は50歳と言われていますが、卵巣の機能がほぼ停止するのはそれよりも10年ぐらい前と言われていて、それに向けて30代に入ると卵巣機能の低下が著しくなります。

卵巣機能が低下するということは、体内で女性ホルモンの分泌量がそれまでよりも少なくなるということになり、分泌量が減ることによって自律神経に影響を及ぼし、それが便秘につながりやすくなります。

「自律神経と便秘の関係」

女性ホルモンが直接便秘を引き起こすというわけではなく、女性ホルモンが便秘を引き起こす際には、自律神経を介して便秘につながることが多いものです。

自律神経には交感神経と副交感神経とがあり、1日24時間の中でバランスを維持しています。

このうち、胃や腸などの消化機能と大きな関係があるのは副交感神経の方で、ストレスや疲労、ホルモンバランスの崩れなどによって機能低下しやすいという特徴があり、正常に機能しなくなると腸の蠕動運動が機能低下による便秘が起こりやすくなります。

自律神経から腸の排便運動が衰え正常排便できず便秘

全身の機能をつかさどっている自律神経はとても繊細で、体力的および精神的なストレスや疲労など原因で全身の様々な部分にトラブルを引き起こすリスクがあります。

便秘はその一つなのですが、生活習慣が原因で自律神経がバランスを崩している場合には、生活習慣を見直すことによってバランスを正常化することができるので、特に病院で治療を受けなくても改善することができます。

なぜ女性ホルモンバランスは乱れるのか?

女性ホルモンが崩れてしまうと、便秘が起こりやすくなります。

その理由は、女性ホルモンはとても繊細で、ちょっとした悩みや心配事などによってもバランスを崩してしまうからです。

女性でもストレスを溜めずに楽しく毎日を送れる人は少なく、多くの人は外で仕事をして悩みを抱えていたり、人間関係でストレスを抱えていたりします。

それに、女性の場合には家計を預かることが多く、経済的なことがストレスの原因になっていることもあります。

そうしたストレスは精神的なバランスを不安定にしてしまいます。

体内では自律神経の機能が低下してしまい、これが便秘を引き起こす原因となってしまうのです。

睡眠短時間、栄養不足、体を動かさないことでホルモン分泌乱れる

それだけではありません。

日常的な睡眠不足、ダイエットによる栄養失調、そしてほとんど体を動かさない運動不足なども、女性ホルモンのバランスを乱す原因となります。

人間が体内の機能を正常に維持するためには毎日7時間ぐらいの睡眠時間を確保するのが理想的と言われていますが、実際にはこの時間たっぷり眠れる人は意外と少ないものです。

プライベートが楽しくてついつい夜更かしをしてしまったり、見たいテレビを録画して夜に楽しむ生活をしていると、気づかないうちに女性ホルモンがバランスを崩しやすくなってしまうので注意しましょう。

1ヶ月以内にホルモンや自律神経を整えるなら「お薬」

崩れてしまった女性ホルモンのバランスを改善するには、生活習慣を見直すのも良いですが、病院に行って薬物治療を受ける方法もおすすめです。

軽度の場合には低用量ピルを飲むことによって卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランスを改善できますし、思春期の場合にはこの方法で治療をすることが多いようです。

ホルモン補充療法:足りなくなった女性ホルモンを補う

更年期などによってホルモン分泌量が全体的に不足している場合には、ホルモン補充療法によって体内に不足分を補充してあげることによって、ホルモンバランスを改善できます。

しかしホルモン補充療法は誰にでもできる治療法ではなく、更年期でなければ女性ホルモンの過剰によって乳がんや子宮がんを引き起こすリスクが高くなるので注意しなければいけません。

副作用がなく安定的に女性ホルモンを増やすなら食事

薬ではなくより自然な形で女性ホルモンのバランスを整えたい場合には、食事を上手に活用すると良いでしょう。

体内では女性ホルモンと同じような働きをしてくれる大豆イソフラボンを1日当たり300mgを目安に摂取するなど特定の栄養成分を積極的に摂取することによって、副作用の心配なく女性ホルモン量を増やすことができます。

具体的に何を食べればよいかという点ですが、イソフラボンを含む食材なら納豆や味噌、豆腐などの大豆製品がおススメです。

ビタミンB6はエストロゲン代謝に作用するため多めに摂取

ビタミンB6はエストロゲン代謝に関係があるため、積極的に食べると女性ホルモンのバランスを改善することができます。

ビタミンB6を含む食材ならマグロやカツオなど赤身の魚、鶏肉や牛肉、にんにくなどが良いでしょう。

便秘で悩んでいる女性はたくさんいて、それは男性よりも多いと言っても過言ではありません。

女性が多く便秘になりやすい事は女性ホルモンの分泌と大きな関係があり、生活習慣を改善することで解決できることもあれば、薬を使って早期治療ができることもあります。

ただし、年齢や体内環境によって度の治療法でも適用できるというわけではないので、便秘がひどい場合には自分で判断せずに一度専門家に相談してみることをおすすめします。