慢性便秘が長期間つづくと大腸菌群の菌数が増加し膀胱炎の原因に

スポンサーリンク
便秘の原因

「便秘」と「膀胱炎」。

一見関係の無い病気のように思えますが、実は便秘が原因となって発症する膀胱炎もあるのです。

膀胱や尿道に細菌が入ることで起こる急性膀胱炎と、膀胱や尿道に何らかの疾患があって膀胱炎を繰り返してしまう慢性膀胱炎とがありますが、そのどちらも女性にとってはとても辛いものです。

まだ膀胱炎にかかったことのない人も、予防のために膀胱炎に関する知識を身につけておきましょう。

なぜ膀胱炎は起こるのか?

膀胱は骨盤に囲まれた丸い袋状の臓器です。

袋の中に尿が溜まることで伸び縮みするという特徴があります。

ここに炎症が起こる病気を膀胱炎と言い、細菌感染が原因の「急性膀胱炎」と、膀胱炎を繰り返してしまう「慢性膀胱炎」があります。

この他にも小さい子どもに多い、血尿が出る「出血性膀胱炎」もありますが、女性に多いのは慢性膀胱炎です。

膀胱が細菌に感染すると最初の症状として「頻尿」となります。

1日に10回以上、普段よりも多いと感じられるくらい尿意を催します。

夜、寝ている時にも何度もトイレに起きるのも頻尿です。

この時、トイレにしゃがんでも尿は実際に出ないことの方が多く、尿が溜まりやすい「尿崩症」や「糖尿病」の症状とは異なります。

尿意だけを頻繁に催すのがこの病気の特徴です。

症状が進むと排尿時に強い痛みを伴うことがあります。

この段階になって初めて膀胱炎を疑う女性も少なくありません。

痛みを我慢した排尿のあとには強い残尿感があります。

尿が濁ってくることもあります。

尿が濁るのは、膀胱の細菌と戦った白血球の死骸で、炎症がかなり進んでいることを示しています。

慢性膀胱炎については、急性膀胱炎になった時に治療を途中でやめてしまって細菌が膀胱内に残ってしまうことが原因で起こります。

症状が治まっても通院や服薬をしっかりと続けることが大切です。

膀胱炎の原因

大人は子供に比べて膀胱で溜めることのできる尿の量が多いので、トイレを長時間我慢できるといわれていますが、尿を膀胱にため続けることで膀胱炎になってしまう危険性があります。

膀胱に尿が溜まった状態というのは、膀胱が大きく伸びた状態です。

この状態が続くと、通常ならば排尿によって流されていく細菌が膀胱内に留まり、さらには膀胱内の血流の量が通常よりも減ってしまいます。

そのため、膀胱を守る白血球も減ってしまうので細菌に攻撃を受けやすくなります。

膀胱が細菌に感染する

女性に膀胱炎が多いのは、女性の肛門と尿道が近いという理由と、尿道自体の長さが男性に比べて3分の1しかないという理由があります。

膀胱の細菌感染のうち、ほとんどが大腸菌の感染です。

通常であれば大腸菌が尿道に侵入しても、定期的な排尿によって細菌は体外に出ていきますが、トイレを我慢するなどして長時間排尿しないでいると細菌は膀胱内で活発に動き出し「膀胱炎」に進んでいくのです。

抵抗力の低下が原因

尿道から細菌が膀胱内に侵入してきても、排尿によって体外に出されるのできちんとトイレに行っていれば感染することはほとんどありません。

トイレに行けなかったり、きちんと排出されなかったりして膀胱の中に細菌が侵入して留まっていても、血液中の白血球の働きによって細菌は死滅します。

しかし、体の抵抗力が弱まっている状態では白血球が十分にその力を発揮できず、反対に細菌に白血球が殺されてしまい膀胱炎となってしまうことがあります。

風邪や胃腸の不調、自律神経の不調によって体の抵抗力は弱まります。

強いストレスや睡眠不足でも抵抗力が落ちるといわれていますので、感染しやすい人は治療と同時に体の抵抗力をあげていく工夫が必要になります。

便秘と膀胱炎の関係

便秘の人は膀胱炎になりやすい傾向にあります。

これは、便秘によって腸内の悪玉菌が爆発的に増えることで、尿道に侵入する大腸菌の数が増えてしまうことが原因です。

便秘になったらすぐに膀胱炎になるということではありませんが、日ごろから便秘がちな人は膀胱炎になりやすい状態にあると自覚して、少しでも予防できるように意識しておくようにしましょう。

膀胱炎の解消方法は?

膀胱炎に最も有効な治療法は、抗生物質の服用です。

抗生物質は細菌を殺す働きを持っている薬で、膀胱内部に感染して増殖した細菌を死滅させることができます。

膀胱炎をきちんと治さずに繰り返してしまう人の多くは、きちんと抗生物質を飲みきっておらず、細菌が膀胱の中に潜んでいるというケースです。

膀胱炎だけでなく、どの病気で処方されても同じことが言えますが、抗生物質を飲む時に大切なことは、きちんと処方された量を飲みきることです。

症状が劇的に改善したからといって服用を止めてはいけません。

服用を中途半端に止めてしまうと、細菌が抗生物質に強くなってしまい、次に同じ抗生物質を飲んでも全く効果が出ない可能性が高くなります。

耐性菌という言葉が少しずつ認知されるようになってきましたが、膀胱炎の場合でも途中で服用を止めると耐性菌を育てているのと同じことになってしまいます。

抗生物質の服用によって腸内細菌のバランスが崩れて下痢や便秘を引き起こすことがあります。

お腹を壊しやすいという人には、抗生物質と同時に整腸剤が処方されることもあります。

トイレ後は確実に陰部を清潔にする

膀胱炎の原因となる細菌の8割が「大腸菌」といわれています。

排便後、お尻を拭くときにはトイレットペーパーをお尻の後ろ側に向かって拭いていきましょう。

トイレットペーパーの使い方が逆で、尿道の方に向かって拭いてしまうと大腸菌に感染する可能性が高くなってしまいます。

トイレにウォシュレットがついていて「ビデ機能」がある場合にはビデを使って排尿後の陰部を清潔に保つことも膀胱炎予防には効果的です。

また、蒸れやすい下着はやめましょう。

陰部が蒸れることで、細菌の絶好の住みかになってしまうからです。

ウォシュレットが付いていない場合には、赤ちゃん用の「流せるおしりふき」を使って陰部を最後に軽く拭いておくのも良いでしょう。

「悪玉菌を減らすビフィズス菌」

便秘になると腸内の大腸菌が増えますから、排便の度に尿道まで到達する大腸菌の絶対数が増えるので膀胱炎にかかる可能性が高くなってしまいます。

便秘がちの人が膀胱炎にかかった場合、今後のためにも膀胱炎の治療とともに便秘の解消にも力を入れてください。

便秘を解消するためには、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスを正常に戻す必要があります。

善玉菌を食べ物で補充することで腸内のバランスを正常に戻す手助けができます。

腸内環境を整える食品として、たくさんの乳酸菌を含んだヨーグルトが広く知られていますが、その中でも森永乳業の「ビヒダスヨーグルト」に配合されている乳酸菌BB536は優秀な乳酸菌です。

胃酸で溶けることなく生きた状態のまま大腸に届けられますので、即戦力の乳酸菌として腸内での活躍が期待できる乳酸菌です。

その効果は研究でも証明されています。

森永乳業では、30名の便秘傾向者に4週間継続してBB536を配合したヨーグルトを摂取してもらい、そのすべての人において摂取開始1週間後から便の状態や排便回数に改善があったと証明しています。

残尿感や痛みで強いストレスにもなる膀胱炎は、多くの女性がかかるポピュラーな病気ですが、正しい予防法を理解している女性はとても少ないのが現状です。

女の子には小さい頃から、トイレでの拭き方や清潔にしていないとどのようなことが起こるのかなど、折に触れ教えておきたいものです。

膀胱炎は酷くなると腎盂炎という病気に発展することもあり、軽く見てはいけない病気です。

一度でもかかったら、しっかりと治療することも大切です。