朝食を食べるとお通じ解消につながる「腸内環境を整える食材メニュー」

スポンサーリンク

あなたは朝食をきちんと摂っているでしょうか。

朝はバタバタと忙しいからということで、抜いたりはしていませんか。

職場のデスクであっても朝食を摂るというのであれば良いのですが、最近では朝食を摂らないという方も少なくないのです。

そうなると、便秘になってしまうという弊害が出ることがあります。

そうならないためにも、朝食はきちんと摂る必要があるということです。

朝は忙しいかもしれませんが、正常な便通を促すといった面でも朝食は欠かせないということを知っておくことが大事です。

直腸性便秘の人に多い朝食の欠食

『直腸性便秘』とは、排便のリズムが乱れることで、例え便が直腸に到達したとしても、便意が起こらないという症状です。

直腸性便秘である方は、朝食を抜いてしまいトイレに行く時間もとれないという方が多いです。

便意がもし起こったとしても、我慢をし続けてしまうことでいつの間にか便意がなくなってしまうということです。

長い期間にわたり朝食を摂らない生活を続けている方は、自律神経の活動にも影響が出ていることも考えられます。

そういったことから、自律神経も正常に働かなくなってしまい、腸の蠕動運動が規則的に行われなくなってしまうことがあるのです。

さらに、朝にご飯を食べないことにより日中の活動している通勤中もしくは仕事をしている最中といった時間帯に、トイレに行きたくなるということが起こってしまいます。

朝にはあまり食べたくないという方もいるかもしれません。

そういった場合には、ハーブティーの、カモミールやミント、フェンネルといったものを飲むことでも腸の蠕動運動は行われるでしょう。

朝起きて空っぽの胃に食物吸収する

人には、1日のうちで1回から2回ほどに腸で大きな蠕動が起きます。

それは、朝食後に起きやすいとされています。

朝食をきちんと摂ると大腸の横行動結腸からS状結腸(大腸の中で直腸及び肛門を除いた部分を結腸と言い各部分で呼称があります)にかけて大きな蠕動運動が促進されて、肛門に到達する前にある直腸まで迅速に運ばれることから、直腸に強い刺激となるのです。

これがきっかけとなり排便反射(直腸で便を送り出す作用が高まること)が再び起こる可能性があるということです。

そうして、脳からも便を排出するようにと命令がかかります。

便秘になってしまっている方は、直腸の感知する力が鈍くなってしまっている可能性もあるため、排便反射が起こらなくなってしまっていることも考えられます。

よって、朝食を空いている胃に食べ物を吸収することで、大きな蠕動運動を起こさせることが大事なのです。

食後はインスリンが糖質の量だけ分泌

食事をした後には、通常であれば摂取された糖質の量によりインスリンも適量だけ膵臓から分泌されます。

それにより血糖値の上昇を抑えることができます。

血糖値が下がると、インスリンの分泌も止まるという仕組みになっています。

なぜインスリンにより血糖値が下がるのかと言うと、膵臓から分泌されたインスリンはブドウ糖を肝臓や筋肉などに運び、細胞の中に取り込んできちんと使うことができるように支援してくれます。

そして、血管の中にあるブドウ糖を使用して血糖値を下げてくれる作用があるということです。

他にも、過剰なブドウ糖は何かの時のために脂肪細胞に蓄えるという作用が、インスリンにはあります。

この備蓄する量が増加してしまうと、太ってしまうリスクがあります。

よって太らないようにするためにも、血管の中にブドウ糖が増えてしまわない様に、朝食をバランス良く摂ることで血糖値自体を上げないようにすることが大事なのです。

食物繊維=野菜や豆類に豊富な食物繊維が含まれている

便を排せつするためには腸が大事ですが、腸にも筋肉があり平滑筋と言います。

この平滑筋は自律神経により意識せずとも動いているものです。

日本人の小腸は長いですが、消化に時間を要する食事のおかげもあり、腸の筋肉を働かせることが多いとされています。

要するに、腸の筋力を高めるためには、消化をするのに時間がかかる食べ物が適しているということです。

それならば、食物繊維を摂るのはいかがでしょうか。

食物繊維というのは、人の持つ消化酵素では消化することが難しい『難消化性成分』全般のことを呼びます。

栄養素とは言えませんが、第6の栄養素とも呼ばれるほどに腸にとっては大事な要素となるのです。

食物繊維と言うと、野菜なら100グラム中に大根(葉)で4グラム、にんじんは2.7グラム、ほうれん草は2.8グラムほどが含まれています。

そして、乾燥のいんげん豆は19.3グラム、乾燥したささげは18.4グラムほどが入っていて、豆類にも豊富に食物繊維が含まれていることがわかるでしょう。

こうした野菜類や豆類を摂ることで、腸の筋力を高め、便の排出を促すことができるということです。

抗酸化食材=色の濃い野菜や果物は活性酸素を消去

人の身体には、元から活性酸素の働きを抑える抗酸化力が備えられています。

活性酸素が増えると、腸内環境が乱れることで悪玉菌も増えてしまい、その悪玉菌が便秘を引き起こすことがあるのです。

活性酸素は紫外線やストレスなど色々な要因によって増加してしまうこともあり、普段から抗酸化力の高い食材を食べて活性酸素を働けないようにする必要があるのです。

抗酸化力のある食べ物と言うと、フィトケミカルの含まれるトマトやみかん、かぼちゃやほうれん草などといった緑黄色野菜、アボカドなどといったビタミン類の含まれるものなどが適しているのではないでしょうか。

つまり色の濃い野菜や果物が活性酸素を消去してくれるということです。

発酵食=乳酸菌やビフィズス菌、納豆菌含むヨーグルトや納豆が保水力を高める

発酵食と言うと、乳酸菌やビフィズス菌が含まれるヨーグルトや納豆菌が含有されている納豆も挙げられます。

こうした発酵食は、保水力により便秘にも効果が期待できます。

例えば、納豆ならポリグルタミン酸が含まれていて、ヒアルロン酸の10倍もの保水力が期待できるのです。

それに納豆菌は胃酸や胆汁に強いことから、生きたまま腸に辿り着くことが可能です。

そこで善玉菌の餌となり悪玉菌を退治して腸内環境を整えることも可能になるのです。

ヨーグルトの乳酸菌も腸内において善玉菌として働いてくれます。

最近開発されている『R-1乳酸菌』などといった種類は腸まで生きて届くことができるでしょう。

保水力のあるヒアルロン酸自体も乳酸菌由来であることからも、乳酸菌そのものが保水力に優れているのだろということがわかるのではないでしょうか。

こうした保水力を発酵食により補うことで、便秘改善が目指せるということです。

この様に、朝食をしっかりと食べることで便通にも繋がるということがわかるのではないでしょうか。

朝食を摂らないということは自律神経にも影響し、腸の蠕動運動がしっかりとされないという状況にもなりかねないのです。

また、食事の際にしっかりとインスリンが分泌されることで、血糖値が上がらないようにすることが可能になり、太らないという効果も期待できます。

さらに、食物繊維を摂り腸の筋肉を鍛えるということも一案です。