過剰な酸化ストレスが発生し活性酸素が起こる「酸化しない腸づくり」

スポンサーリンク

日頃から身体をより良い状態に保とうと努力している人ならば、「活性酸素」と言う言葉を聞いた事があるのではないでしょうか。

近年、健康や美容の観点から何かと取り上げられる事が多い活性酸素ですが、具体的にどのようなものであるかまでしっかり把握している人は少ないです。

ここでは活性酸素が身体に与える影響について触れていきます。

活性酸素について

活性酸素は特別な事をしなくても、自然と身体の中で作られているものです。

私達は呼吸によって酸素を体内に取り入れますが、取り入れた酸素の約2パーセントが活性酸素になります。

このように普通に生活していても自然と体内で作られる活性酸素ですが、何となく身体に良くないものだと言う意識があります。

活性酸素とは具体的にはどのようなものなのでしょうか。

また本当に良くないものなのでしょうか。

そもそも活性酸素自体は、決して悪いばかりのものではありません。

寧ろ、身体に必要なものなのです。

活性酸素とは活発な酸素の事であり、酸化させる力が強いと言う事でもあります。

この「酸化」が非常に重要で、酸化する力が強ければ強いほど体内に侵入した細菌などを殺菌する力も強くなるのです。

身体や細胞が細菌に侵されず健康であるために、活性酸素は欠かせません。

では、何故活性酸素が良くないものだと言われているのか。

それは、先述した活性酸素に備わっている酸化力の強さにあります。

活性酸素は確かに身体に侵入した細菌を殺菌し、身体や細胞を守ってくれる大切なものですが、活性酸素の量が適量を超えてしまうと、その強い酸化力故に細胞を傷付けてしまうのです。

とは言え、細胞が酸化すると言う事がどう言う事なのかがよく分からずピンとこないと言う方も多いでしょう。

身体が酸化すると考えると分かりにくいですが、酸化するのが身体ではなく金属だと考えれば分かりやすいです。

金属は酸化が進むとサビが生じますよね。

つまり、細胞が酸化すると言う事は、身体にサビが生じると言う事なのです。

酸化した身体はどうなるのかと言うと、まず老いやすくなります。

酸化した細胞は老化を早める原因になるため、身体のあちこちが老化によって衰え、健康上のトラブルが多くなります。

もちろん美容面でも問題があるため、若い女性は要注意です。

偏った食生活や喫煙、ストレス等が腸内環境が悪化

身体に様々な悪影響を与える酸化ですが、酸化反応によって生じる有害な作用を「酸化ストレス」と呼びます。

酸化ストレスの原因は様々ですが、近年の若者が特に気を付けたいのは食生活の乱れ

食事をカップラーメンやコンビニ弁当、外食などで済ませている若者が多い昨今、酸化ストレスと言う観点から見た場合に気を付けたいのは「糖質」です。

糖質と言うと、肥満の原因で知られていますが、他にも糖尿病や脂肪肝、がんなど、深刻な病気を引き起こすだけでなく、酸化ストレスを高めます。

糖質はご飯やパン、麺類、シリアルなどに多く含まれており、特に食事を外食やコンビニ弁当などで済ませてしまうと多く摂取しがちです。

また喫煙やストレスも酸化ストレスを高めるので、日頃から偏った食生活を送っている人や、1日に何本も煙草を吸っている人は十分に気を付けなければなりません。

このような原因による酸化ストレスは、活性酸素を過剰に発生させる原因にもなります。

活性酸素は身体に様々な悪影響を与えますが、腸内の菌バランスを崩す事から腸内環境の悪化を引き起こす事で有名です。

私達の腸の中には善玉菌と悪玉菌と、どちらにもなれる日和見菌がバランスをとる事によって支えられていますが、悪玉菌が増えると腸内環境が乱れるのは有名な話です。

このように善玉菌・悪玉菌・日和見菌の絶妙なバランスによって成り立っている腸内環境ですが、悪玉菌が増える事で腸内環境が悪化すると毒素が発生し、それを排除するために活性酸素が増えます。

では、腸内で活性酸素が過剰に生成されるとどうなるのでしょうか。

先述した通り、活性酸素は身体をサビつかせる働きがあるものなので、当然腸内にもサビが生じ、腸内環境が更に悪化してしまいます。

また排除しきれなかった毒素は血管を通って身体のあちこちに広がっていき、毒素が行き着く先々で活性酸素が生じるため、身体中に活性酸素が生じてサビついてしまいます。

腸の内側の活性酸素を除去「ファイトケミカル」

腸に発生してしまった活性酸素を除去するには、「ファイトケミカル」が効果的であるとされています。

ファイトケミカルとは、野菜や果物に含まれている非栄養素、つまり栄養以外の成分の事です。

ケミカルは化学ですが、一般的にファイトと言うと「戦う」と言う意味合いを想像しがち。

しかしファイトケミカルのファイトとは、ギリシャ語の「Phyto」、つまりは植物の事です。

ファイトケミカルとは「植物に含まれている化学的な物質」を指します。

第七の栄養素とも言われるファイトケミカルには高い抗酸化力・抗菌作用があり、活性酸素を無毒化させる力があると言う事で、近年非常に注目されています。

ファイトケミカルは私達が日常的に口にしている野菜や果物からも摂取する事が出来ます。

ファイトケミカルを摂取する上で意識したいのが、赤、橙、黄、緑、紫、黒、白の7色。

赤はトマト・唐辛子、橙はニンジン・南瓜、黄はトウモロコシ・キウイ、緑はほうれん草・ピーマン・オクラ、紫はブルーベリー・ナス・葡萄、黒は緑茶などに含まれるカテキン・アクに含まれるクロロゲン酸、白はニンニク・ネギ・大豆などから摂取する事が出来ます。

exvオリーブオイルは整腸作用効果有り

抗酸化作用を持つ物質として知られているのが、オレイン酸・ビタミンE・葉緑素ですが、これらには整腸作用効果もあり、活性酸素を除去するだけでなく悪化した腸内環境を整える事が出来ます。

これらはexvオリーブオイルに多く含まれていますが、日本の市場にはexvオリーブオイルの偽物も多く出回っているので、どのexvオリーブオイルが本物かを事前に調べておくと良いでしょう。

カルシウムは大腸がんの予防効果

腸内環境を整えると言う意味では、骨を作る事で知られているカルシウムは大腸がんの予防効果があります。

カルシウムを摂取するならば牛乳や乳製品、えんどう・大豆・大豆製品、小魚類がおすすめです。

最近ではサプリメントで手軽かつ効率的にカルシウムを摂取出来るようになったので、日頃の食事だけでは足りないと感じている場合はサプリメントを用いると良いでしょう。

とは言え、サプリメントはあくまで食事の補助と言う位置づけである事を忘れてはいけません。

食生活の改善こそが健康への第一歩です。

身体をサビつかせないためにも日頃の努力が大事

今まで「何となく身体に良くないもの」と言う程度の認識でしかなかった活性酸素。

適量であれば身体を維持する上で欠かせないものですが、過剰に発生すると金属のように身体をサビつかせるものと考えると非常に危険である事が分かります。

ファイトケミカルの摂取をはじめとする食生活の改善やストレスを溜めない事を意識する事で、身体がサビつき、年齢以上に老化するのを防ぐ事が出来るでしょう。